FC2ブログ

冬の章 描き上がりました!

談山神社展(2012年 11/1〜11/4)は、
4枚の屏風が中心となる。

春夏秋冬を4人の姫達で表現する。

その内の冬の章が描き上がった。


天気の良い日に、紙のアク抜きをして、
落款を入れると完成する。


他の3枚が動きがある絵に対して、
冬はシーンと静寂が広がる。

その中に四季神の “一の姫” が祈りのポーズで立っている。

かたわらに、白い狐。


最初は、
鴨が群れを成して飛んでいる背景であった。


娘が、
「物音1ツない世界」がいい、というので
変更した。


なぜ狐?

談山神社は、藤原鎌足公を祭神としている。

鎌足公が誕生した日、狐が鎌をくわえて
どこからともなく現れたという故事が、
絵と共に残されている。


この動物も、神の使いと考えられている。

そこで白狐、ぴったりきた。


色彩は無い。
使用した墨は、玉運の銘の入った青墨。

遠くに山と木々数本。
雪が積もった山間の、風もない一刻をイメージしている。


色彩は無いと書いたが、
たった1カ所、色を入れたところがある。
よく見ないとわからないかもしれない。

それは、ご覧になってからのお楽しみということに
したいと思う。



まだ3枚描かねばならぬ。

下図を頼りに考えを巡らし、
娘の助けを借りて、
ああでもないこうでもないの日々が続く。

春夏秋冬、
揃った時のうれしさを想って
これからの暑さを乗り切ろうと思う。

(玉麗)

*******************************
いつもご協力いただき、ありがとうございます☆

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


↓よろしければ、こちらもぜひ遊びに来て下さいね。↓
 ☆玉麗会ホームページ よろしくお願い致します☆

水墨画・墨彩画 玉麗会
http://www.gyokurei.com/

*******************************

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索