FC2ブログ

半世紀昔からやってきた②

クラスメイトだったM君のことは、

おとなしくて目立たないけれど 

成績が良かったことと、

たまにおもしろいことを言って

笑わせてくれた記憶がある。



今もやはり必要以上はしゃべらないが、

機転がきき、柔和な物腰が

ほっと心をほぐしてくれる人になっていた。



と書いて、

私もこの年になって

やって人を見る目が出来てきたンだナァと思う。



映画館もないような田舎町で育った私は、

本を頼りに常に新しいものに憧れていた。

けれども その頃の地方の高校生なんて

今の小学生より情報力が劣っていたのではないだろうか。

(ひょっとして私が遅れていたのか?)



同級生の男の子では物足りない気がした私は、

3ツ年上の兄の友人(大学生)2人に文通を申込み、

彼らを通じて都会の息吹を感じようと、目論んだ。



東京や京都へ行った彼らにとって、

田舎の、うぶなくせに妙に生意気な女の子への扱いは、

さぞかし手こずったことだろう。



生半可な文芸論もどきを書き送っても、

返事がなかなか来なかったのを覚えている。


そのくせ、いつか白馬の騎士がやって来るンじゃないかと

夢見る乙女でもあった。

思春期は矛盾に満ちている。



ところで、

眼科へは明日診察に行くことになった。

左眼の異物感が、私の眼の機能の悪さが原因であるならば、

ハッキリそう言って欲しいと思っている。

(玉麗)


*******************************
いつもご協力いただき、ありがとうございます☆

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


↓よろしければ、こちらもぜひ遊びに来て下さいね。↓
 ☆玉麗会ホームページ よろしくお願い致します☆

水墨画・墨彩画 玉麗会
http://www.gyokurei.com/

*******************************


プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索