FC2ブログ

大覚寺②

大覚寺の所在地 嵯峨嵐山は、

とても静かな佇まいの町で、

中でも大覚寺に近いあたり一帯は、

立派な門構えの邸宅が続いていた。



案内役の若い僧について、

私達一行は、しずしずと境内を進んだ。



各建物は、渡り廊下で結ばれている。

うぐいす張りの廊下は、防犯の役目もしているらしい。

大沢池は、観月会で有名な所。

一陣の風が、平安の昔へ誘ってくれるようだった。



さて、お目通りの様子、つづき。



前まで進んだ私に、御門跡は名刺をくださり、

どこの出身ですかと問われた。


私が答えるより先に、

先輩が土成町の円光寺の天井画龍のことなどを

話してくれた。


私はただ畏まって、

笑顔(緊張でひきつっていたかもしれない)で

頷いていただけ。




後日写真を頂いた。

門跡様はおだやかに、仏さまのように微笑まれ、

その左右に

談山神社の宮司さんと私が写っている、貴重な1枚。



6月末で退任されて、郷里の徳島へお帰りになられるとのこと。

いつか、お訪ねしたいと思っている。


(玉麗)

*******************************
いつもご協力いただき、ありがとうございます☆

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


↓よろしければ、こちらもぜひ遊びに来て下さいね。↓
 ☆玉麗会ホームページ よろしくお願い致します☆

水墨画・墨彩画 玉麗会
http://www.gyokurei.com/

*******************************


プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索