FC2ブログ

物語をつくる

天空の国には、よろずの神々がおわす。

季節をつかさどる四季神には、

美しい4人の姫達がいた。

神の子は

それぞれ 春夏秋冬の役割を与えられ

春の姫は、桜花を咲かせ、

夏の姫は、雨の恵みを、

秋の姫は、山々を染め、

冬の姫は、安息の日々を運ぶ。




展覧会が神社の中と決まった時、

人物中心でいこう、とおぼろげに考えていたが

制作に移るようになって、

こんなにもスムーズに構想がまとまるとは!



子供の頃描いていた、お姫さまの世界。

この年になって実を結ぶとは、

全く予想だにしなかったことだ。



雀がベランダへやってきて、

黒虫達を4匹ついばんでしまった。

虫達は柑橘の鉢ごと部屋の中へ

一時避難させている。

DSCF9603.jpg



その後方に、

小さな姫を背に乗せた龍の大きな下図が

貼られている。



現実と物語の世界が同居している不思議な空間で、

秋の姫のイメージ図が練られてゆく。


(玉麗)

*******************************
いつもご協力いただき、ありがとうございます☆

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村



よろしければ、こちらもぜひ遊びに来て下さいね。
*******************************

↓☆玉麗会ホームページ よろしくお願い致します☆↓

水墨画・墨彩画 玉麗会
http://www.gyokurei.com/


*******************************





プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索