FC2ブログ

何のために

人はなぜ仕事をするか。

もちろん第一の理由としては生活のためだろう。
その他いろいろあるとは思うけれど、
仕事が終わったあとの達成感・開放感・爽快感等を求めて動いているのではないだろうか。

私の仕事は絵を描くことであるが、一握りの選ばれた人以外、
画家としての仕事が方便(たつき)となる人はいない。
ある時流行画家となっても、日本人の飽きっぽさはそれを続行させてはくれない。
それゆえ多くの絵描きは二足のわらじをはく。

幸いなことに、私は教室を開き、教えることで
「生活する」という重大な課題をクリア出来るようになった。
ここに至るまでもちろん紆余曲折、様々あったことは言うまでもないが。

個展という神経・体力を極端に消耗する大仕事がある。
教室をこなしながらのことであるから、毎年なんてとても無理で、2~3年に一度というのが精一杯。
終わったら必ずと言っていいくらい、寝込む。

なぜそれほどまでに大変かというと、会場がデパートなので、
絵を売るということが最優先課題になる。
私にとっては創作以上に疲れる仕事なのだ。
接客をして下さいとはさすがに言われないが、「先生が会場に来て下さると、ファンは喜びます」
なんておだてられて、結局は愛想よく絵の説明をしてしまうことに…

結果としてやはり絵は売れていくので、次の日も又翌日も、連日会場に詰めることになる。
慣れない仕事はけっこうキツイ。
個展が大成功に終り、10日程体調を崩して後、快方に向かう頃になって、
やっとじわっと達成感の喜びが湧き出てくる。

仕事は楽なものなどない。
私はやりとげたという充実感を味わうために、今日も生きているのだろう。

円光寺の絵は、デパートでの個展より大掛かりなものになる。
完成したら、きっと瀕死の状態になるのでは…
と覚悟している。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索