FC2ブログ

桜の頃

どこへ行っても桜が満開で、
“でもすぐ散ってしまうから”
と気もそぞろになる。

29-6.jpg


そしてふと、
“花冷え” に思い至った。


29-7.jpg


なるほどネェ。

この時期に咲くには、
それなりの意味があるンだ。



1日でも長く咲いて、しっかりと結実するためには、
ヒトにはツライ ”冷え日” が、
なくてはならないのだろう。


49-1.jpg


でも
ソメイヨシノは
種ではなく、挿し木で広がったと読んだことがある。


あのサクランボは
地上に落ちても芽を出す力がないのだろうか。


49-3.jpg


産みっ放しで、育児をする能力に欠ける動物がいると聞く。
動物園でのことだが。


母親に代わって、
飼育員が育てているのをテレビで見るたび
感動するものの、どこか無理があるようにも思う。



49-2.jpg


いや、
ソメイヨシノは人工的に創られたサクラだけれど、
今や日本中、世界中に広がっている。


どこかで人の手が加わることで
改良されたり、絶滅から逃れることが出来るのだ。


49-8.jpg


ソメイヨシノを創った人は、
ひたすら美を求めたンだろうなあと、
これはツボミの時に思ったことで、
今そんな感慨は、
花見客の喧噪に掻き消されてしまった。

(玉麗)

*******************************
いつもご協力いただき、ありがとうございます☆

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村



よろしければ、こちらもぜひ遊びに来て下さいね。
*******************************

↓☆玉麗会ホームページ よろしくお願い致します☆↓

水墨画・墨彩画 玉麗会
http://www.gyokurei.com/


*******************************

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索