FC2ブログ

玉麗流

玉麗会展を催すと、
玉麗流とはあきらかに異質の作品が出品されることもある。


他の先生の摸写であったり、自己流で描いたもので、
私も最初の頃は、それを見て ウーンと考え込んでいた。


「ああいうのを出してもいいんですか」

「玉麗流じゃない絵もありますけど、心が広いですねェ」

などと言われると、さらに “ウーン” となる。


サテどうしたものかと悩んでいるうちに回を重ね、

「私の手本でなくてもいいですよ、
気に入ったのがあれば何でも描いて下さい」

と、気負わずに言えるようになった。




物事の変化に動じない心を持ちたいと、いつも思っている。
しかしこればかりは、努力して出来るものではない。


私は変化に弱いヒトだと自覚している。
何か突発するとアタフタとなる。
誰かに何かを言われると、ソレが気になる。
冷静な人が羨ましい。


でも、“慣れる” という方法もある。

1度目はウロたえても、2度目は落ち着いて対処出来る。
3度目になると、余裕もうまれるだろう。

私の様子は、脇下に大汗をかいていても、
そんな風には見えないそうなので、おおいに助かってはいる。



教えるようになって21年目。
玉麗流がしっかり根付いていることを感じながら、
日々の変化に対応しています。


*******************************

↓☆玉麗会ホームページ よろしくお願い致します☆↓

水墨画・墨彩画 玉麗会
http://www.gyokurei.com/


*******************************
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索