FC2ブログ

蛹(さなぎ)になる瞬間

我が家の小さなミラクルワールド(ベランダ)で
日々新しい発見がある。


見たいと思ってもなかなか機会が訪れなかった、
青虫が蛹(さなぎ)になる瞬間。
ついに、ついにやってきた。


それは、蛹を破ってチョウが出てくるのよりも、さらに感動に満ちていた。

丸っこい青虫がちょっとだけ角張って、
反り返った蛹になる。

その前に最後の脱皮が行われるのだが、
それはチョウの一生で一番パワーを使う時らしい。

まるで出産の時みたいだと言う人もいるぐらい。

まさに、自分で自分を産んでいる感じ。


身をよじり、くねらせ、小刻みに薄皮を脱いで行く。
もう少し、もうちょっと、がんばれ、がんばれ、
思わず言ってしまう。


この小さな生命体のDNAは、
“今成すことは表皮を脱ぎ去ることのみ”
と教えている。

それに応えるように、必死で動いている青虫の健気な姿に、
思わずジンときた。


こんな場面に遭遇出来る人は、おそらく多くはいるまい。
チョウを育てていても、四六時中観察出来る訳ではないからだ。


そして、その様子を表現することが、いかに難しいことか
もどかしく感じながら、
ほんの2、3分の間だっただろうか、
私達は息をのんで見守ったのだった。


我が家から舞い立ったチョウは、
もうすでに30匹をはるかに超えている。


*******************************

↓☆玉麗会ホームページ よろしくお願い致します☆↓

水墨画・墨彩画 玉麗会
http://www.gyokurei.com/


*******************************


プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索