FC2ブログ

化身を描く心境

観音像を続けて3枚描いた私は、
その後ちょっとした心境の変化を見た。


自分では佳人画だ、美人画だと言っていても、
他人様の心の拠り所となっているかもしれないのだ。

事実、依頼人の1人は
「苦しいことがあれば、絵を見ることにしている。楽しい時も語りかけている」
と言ってくれた。

その絵を見ることでほっとしたり、安心したり・・・。
そんな状況になっている旨を伝えられると、心が引き締まる。
と同時に、緩やかに解放されてもくる。



“権化”という言葉は、もともと神仏が衆生を救うために、
人間の姿を借りてこの世に現れることをいう。
いずれも神や仏が座す(います)世には、本来の意味を持っていたが。

全てが合理化された現代では、むしろ“悪”のイメージで使われるようになった。
しかし、人の心が理屈だけで割り切れるものではないことも、
現代人は痛いほど知らされている。


心の安寧を何に求めるかは人それぞれ。
私が描く、まだ完成されていないであろう菩薩の化身でも、
誰かの心に安らぎを運んでくれると聞けば、
ちょっとでは済まない心境の変化を果たさねばならない。


私はやっぱり“ねばならぬ人生”が身に合っているようだ。
菩薩の世界に近づいているのかナ?


*******************************

↓☆玉麗会ホームページ よろしくお願い致します☆↓

水墨画・墨彩画 玉麗会
http://www.gyokurei.com/


*******************************
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索