FC2ブログ

GONGELOさん

龍(円光寺)を描く時、訪ねた人、御年85歳のGONGEROさん。

「これってゴンゲロウじゃないの?」
案内状を見ながら、息子が言う。
「いやたぶんイタリア読みダロ」
といい加減なことを言う私。


ゴンジロウさんは日本男子だ。
洋画から水墨画へ転じた。
最近 屋久島へ旅し、巨大な絵を制作。


5月31日から6月12日まで、
近畿中国森林局(北区天満橋1―8―75)で
息子さんと親子展を開催している。


圧倒されるほどエネルギーに満ちた方だ。
私が「よく病気をして落ち込みます」と言うと、
「病は気からと言いますョ。毎日を楽しく生きて下さい」
とにこやかに諭された。
張りのある声、上背がありふくよかで、
“陽”の気が溢れている人だ。
元気な人の側に行くと、何となく活気づいてくる。



大川端は新緑のフィトンチッドに包まれていた。
樹々の香りが体中に染み渡る気がして、
ふと気が付くと私は手を振って大股で歩いていた。

この麗しい季節、遠出をしたいとウズウズしていたが、
なあんだ、こんな近くに深呼吸出来る場所があったンだ。


都会の中の小さな森が、グリーンベルトのように続く。
いい所の近くに住んでいたんですネェ。
GONGELOさんが改めて気付かせてくれた気がした。


*******************************

↓☆玉麗会ホームページ よろしくお願い致します☆↓

水墨画・墨彩画 玉麗会
http://www.gyokurei.com/


*******************************


プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索