FC2ブログ

能楽堂へ

日常の些細なことを書き留めている。
けれども、自分だけの記録ではなくホームページで発信するのだから、
少々の味付けがなくては、誰も読んでくれないだろう。


そう思うとどうしても肩に力が入り、
肩が凝る。


書くこと自体はちっともイヤではないのに、
結果として肩が凝るので、
就寝前にちょこっと書くというのが、出来なくなってきた。


言い訳が長くなったが。




先日、狂言を鑑賞するために、能楽堂へ行った。
お能よりも動きがあり、おもしろい。
スローテンポの漫才のような感じ。


「伊呂波」(いろは)という題だけでは、わからなかったが、
以前大槻能楽堂へ行った折も、演じられたものだ。
ポピュラーな演目なのかもしれない。


伝統芸能は、
「ウーン」とか「ちょっと・・・」
とか言って敬遠されることが多い。


小舞「花の袖」
舞いながら謡うK氏は、私に絵を習っている。

博学で井真成について話してくれたりする。
(2004年中国で墓誌が発見されるまで、
歴史に埋もれていた遣唐使のこと)


腰が軽く仕事が早い。
声もいいよナァと思っていたら、やはり謡曲をやっておられたのか!



とマァ、このような発見もある訳で、
何事も億劫がらず出かけることです。



*******************************

↓☆玉麗会ホームページ よろしくお願い致します☆↓

水墨画・墨彩画 玉麗会
http://www.gyokurei.com/


*******************************



プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索