FC2ブログ

習いごと

文章の書き手ばかり増えて、読者が少なくなったという記事を読んで考え込んでしまった。
絵の世界もそうなりつつあるかもしれない。
描く人はいっぱいいる。いろんな種類の絵が世の中にあふれている。
水墨画・墨彩画は線の引き方から訓練して、上達した者のみ教える側になれるものだと思って
修行してきたが、近年はそうでもないようだ。

カルチャースクールという教える者と教わる側との間を橋渡しする組織が出現して以来、
その傾向は強くなった。
教える側にとっては厳しい時代になったが、
誰でも気軽に何でも習うことが出来るようになったことは、良いことだろう。
自分に合った絵を、性格の合う先生に教えてもらうことが一番楽しいことだ。
私も何人かの先生に教えて頂いて、今に至っている。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索