FC2ブログ

正常は限りない喜び

「ア、治ってる!」
車の中で大声を上げてしまった。
実に50日ぶりに、左手指が“普通”の状態であることに気付いたのだ。


昨日はかすかにシビレが残っていた人差し指、中指、
(薬指は1週間ほど前から正常)
それが何ともない!!


“普通が一番”とよく言うが、
正常の時はさほど有難みは感じない。
痛くなったり、尋常ではなくなって、その不自由さを身にしみて、意識する。


そして、長い時間をかけて自然な状態に戻ったとき
やっと、やっと、健康を取り戻した喜びに気が付くのが、人間なのだ。


肩はまだ、夕方になると少し痛くなるが、
こちらの方もやがて治癒するだろう。
(と、ここまでは、約半月前に書いた)




現在、アレは一体何だったンだろうと思うくらい、
すっきりと良くなった。
痛みからの解放は、先日徳島の砂利山から眺めた
コスモス畑と蒼穹のように、心が晴れやかになる。


さて、手指が何ともないとなると、
かねてより気になっていたことをしなきゃと、ミシンを出す。


私は、9号サイズで間に合う体型であるが、
ミセスとミスではサイズが大幅に違う。
若い人達用の店で買うとピッタリではあるが、時々窮屈に感じる。
ミセスの店だと7号ぐらいか。
しかし、デザインも考慮するから、ア、いいナ、と思った服が大きすぎる場合、
どこかをいじって私サイズに変えることにしている。


今日は丈をつめて、私好みの短い上着に仕上げる作業をした。

30分後、出来たーっ。

又しても、コスモス畑の蒼穹が心に広がった。





プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索