FC2ブログ

徳島へ (犬を連れて)

朝、風太が目覚める6時30分、
我が家はこの日全員が一斉に起床。


洗濯は昨夜済ませておいた。
荷物もあらかたは車に積んでいる。


息子は当然行けないので、2人と1匹、2泊3日の帰省となった。


8時出発。


案の定、神戸で渋滞に突入。
早くもパーキングエリアでトイレ休憩となった。
高速道路上にあるこの休憩所は、
トイレ・喫茶が2階にあるので、ちょっとヒヤッとする階段を
トントン登らなくてはならない。


風太はお姉ちゃんがどこかへ行った、と大騒ぎする。
あーあ 先が思いやられる。


次に車を止めたのは、淡路パーキングエリア。
ここには、以前なかったドッグランがあり、平日で他の犬はいない。
風太クン、ゴキゲンで走り回る。
すでに少々オツカレーの私は、ベンチに仰向けになり、手足を伸ばす。

快晴!
真っ青な空の気持ちよさ、やっぱり大阪よりは空気が良いナァ。
30分ほどゆっくり休んで再出発。


次のトイレは板野。
すでに徳島へ入り、ふるさとはもう目の前だ。


風太を連れての旅は、ホテルに困る。
そんな話をしたら、先輩が別荘を貸してくれることになった。
どんな所だろうとワクワクして行ったら、
期待は少しも裏切られることなく、
鉄の門扉の内側には、モダンなつくりの快適な住居があった。


管理を任されているKさんは、私の同級生で、
“何も気兼ねせんでもエエけん、好きなように使うてくれたらエエよ”と。


敷地は、200坪ぐらいだろうか。
前庭は100坪ほどの空間を取り、車を何台か乗り入れてもOK。
周りには配置よく樹木が植えられ、
その前に変化をつけて手入れされたマメツゲ、
ところどころに大きな石と人が入れそうな壺が、伏せた状態で配されている。


木製の小さなブランコ、バーベキューが出来そうなテーブルとイス。
木陰に2メートルぐらいの信楽焼のタヌキがいた。
もう20年以上もここに立ってたくさんの客人を迎えた彼は、
洋風の邸にも違和感なく溶け込んで、
私達をホッと和ませてくれた。


プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索