FC2ブログ

年賀ハガキを教える頃

年末が近づいていることを教えるように、
喪中のハガキがポツポツ届くようになった。

慌しくなる前にこの一年を振り返り、
新しい年を迎える準備をしなさいョと、
遠い所へ逝ってしまった人々が、
この世の人達に告げに来ているようにも思える。



今年は後半がかなりショックな年であった。

年初は昨年の親子展が終わり、ほっとしていたが、それも束の間で、
4月に開催されたアサコムホール展の成功で、
やっと開放感を得た。


体調も良く、次の個展の準備をそろそろと考えていた7月までは、
とても順調であった。

8月、友人が重病を患っていることを知り、
9月、今も全治とは言えずシビレが残る肩の故障。


この出来事で、自分が決して若くはないことを、
ガアーンとブン殴られたかのごとく、思い知った。

もう今までのようには動けないことを、
しっかり認知すべき時が来たのだ。


さてどこをどのように変えると、
「今までのように動く」
ことを改められるのか。

完璧拭き掃除派だった私が、(つまり今までは床に手をついて拭いていた)
モップを使うようになったのは、大改革と言えるだろう。

必然的にそうせざると得なくなった結果とも言えるが。
(左手が痛くて、雑巾がけが出来なくなった)


これから次々と、“出来なくなる”ことが増えるのだろうナァ。


就寝前に15分ほど室内を歩いていたが、
足も少々痛くなってきたゆえ、5分ほどに。

そのかわり、友人が教えてくれたストレッチ体操(1回3分ほど)をしている。


ガクンと体力が落ちたと記録される2010年、
来年は自分の体を労わって行動することにしよう。


プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索