FC2ブログ

龍を放て!!

9月2日、今日も暑い。

1週間休みがあったので、
明けの2教室はちょっとシンドい。

午前中が終り昼食後、休んでいると
空が真っ黒になってきた。
と、思ったとたん
ザアーッ!スコールのような雨。

昨日洗濯物を干しながら、
「今年も放してやってくれたらナァ」
と制作者としては、神話のごとき思いに駆られる。



言わずもがな、円光寺の天井に棲む龍のことだ。

昨年は普通の夏だったので、
そんなことを考える間もなく、秋が来た。

もうひとつ前の夏、今年ほどではなかったが
雨が降らず暑かった。

寺への残暑見舞いに、龍の雨乞いをと書いたら
届いたと思われる日の翌日、
雷が轟き、滝のような雨が降った。

ブログにも書いたが、
雷鳴と稲妻に怯える犬を抱いて、部屋の扉をすべて開け放ち
「龍が来た、龍が来た」
と狂気したことを思い出す。

ひとときではあったが、
大量の雨は樹々に緑を甦らせた。
私達もひと息ついたことは、言うまでもない。


ついさっきの雨は通り雨のようで、
龍がやってきたとは思い難く、
今年はまだ残暑見舞いを出していなかった、と気が付いた。

絵を描く者は、いつも自分の作品に物語を紡ぐ。

「おまえなら、徳島からでもひとっ飛びだろう?
大阪へ、一瞬の大雨を連れておいで!!」
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索