FC2ブログ

名品に会う

神戸まで行ってきた。1人で。
友人5人に次々に電話して総スカン。
で、仕方なく。

行って帰って思ったことは、
やっぱり1人の方がよかったンだということであった。
今回も私の性格そのままに、目的地へ一目散、
用が終れば、すぐ帰る。
これでは付き合う人は、おもしろくないだろう。

で、どこへ行ったかと言うと、
場所はトア・ロード、帽子屋。

最近マニアックになってきたと書いた。
一流と言われるものを確かめたい。
なぜそう言われるのか、手に取り、身に着けなければ納得できない。
それが“場所”なら、行ってこの目で見ないことには
良いか大したことないかは、わからない。

他人様の言うことは、あまりアテにならない。
私には私の感性があり、好き嫌いもはっきりしている。

幸いなことに、このところ体調も良い。
しかし安定しているとは決して言えないから、
1ヶ月も前に約束など出来ない。

そうなると、「今日は休み、しかも何となく元気」であれば、
よしっ今から行こう、となる。
私の都合に全面協力してくれるヒトは滅多にいないから、
1人でも臆さない覚悟も必要であろう。

件の帽子屋はやはり噂通り、一流の名に恥じないものであった。
私はまず似合う帽子を探し、それが自分の懐具合に合うかどうかをチェックして、
1ツ手に入れた。

大切に収納され、恭しく手渡された丸い箱。
受け取りながら、思い出したことがある。

友人が「神戸へ帽子を買いに行く」と誇らしく話していた。
私もその店の製品は、2ツ持っていたが、
いずれもデパートのバーゲンで手に入れたもので、
箱には入っていなかった。

「本店はバーゲンなんかしないヨ」と言われて、
ちょっと悔しい思いもしたンだったナァ。

店の名入りの仰々しい丸い箱は、帽子だけを納めるものではないのだ。
名品への憧れと、それを持つことの誇りを
大切にしまっておくところなのだと、気付いた。

帰路、知人にあった。
「ア、帽子でしょ!」
その言葉に、思わず、ウフッと反応してしまった。


プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索