FC2ブログ

三輪明神へ①

三輪山へ行ってきた。
今話題の、パワースポット紹介番組を見た友人が、
行ってみたいと言うので同行したのだが・・・。

娘の話によると、
パワースポットへは午前中に行かないと、効果がないという。
しかし、私達が腰を上げたのは、午前10時20分、
八木駅でJRに乗換え、ひと駅目「三輪」に着いたら、
すぐ昼食をとろうということになった。

以前行ったことのある店を提案したのはよかったが、
鳥居のそばだったという記憶しかない。
たぶん大鳥居だろうと歩き出したものの、全く違った所へ出た。
鳥居は2ツあったのだ。

トコトコ歩いてたどり着いたら、月・火定休となっている。
そんな!!
仕方なく道路の反対側の店で、三輪名物そうめんと柿の葉寿司を注文し、
おなか一杯。さあ出発!

三輪明神は、三輪山が御神体、
この山に登り、パワーアップすることは、
まさに神の胸を借りるということになる。

しかし・・・
入口で早くもたじろいだ。
今下りてきたばかり、屈強のお兄さんが、
「皆さんの足なら往復2時間以上かかるでしょう」
と言う。

ついさっき、社務所で、名前と住所、電話番号を聞かれた。
ということは、帰ってこられなかった人もいるということか!
さて、どうする?

同行の友人は、(彼女が言い出したこともあって)やる気満々。
腰の引けている私も、ついて行くしかない。
もしダメなら途中で引き返せばいいサ、と自分に言い聞かせたものの、
しょっぱなから急坂の山道。
ヒーッと足が悲鳴をあげる。

小さな滝の前に小屋があった。
「私ここで休んでるから、アナタ1人で行ってきて」
よっぽど言おうと思ったが。

思わず、下山する人達に
「ここで半分くらいですか」と聞く。
返ってきた答えに愕然。「イヤーッ、3分の1くらいですかねェ」
「ヘ? ハ! ウフフフフ」
なぜか2人で笑ってしまう。

なだらかな山といっても、
グルグル回って行くのと、直行型では傾斜が違う。
あなどるべからず、標高500メートル。

最近ただの観光客からマニアへと移行しつつある私。
かたや、パワー不足を補うために行くと決心したOさん。
いずれもここでへこたれては、話にならない。
ヘラヘラ笑う足を叱咤激励しながら、
一歩一歩登って行く。

・・・続く
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索