FC2ブログ

制作前の諸事全般

リサイクルショップにもメダカ台はなかった。
がっかり帰ったその夜、ふと思いついたことがあった。

リビングのピアノをアトリエへ移動させたらいいナァと。
自分で買った安物の電子ピアノだが、娘はこのところ頻繁に弾いている。
腕の方も、?がふたつみっつつきそうではあるが、
とても楽しそうに練習に励んでいる。

しかし、ヘッドフォンをつけ音を消していても、
タッタッタッと鍵盤を叩く音がする。
風太はかまってくれないので、
横に座って娘を見上げながら、文句を言う。
ソファで寛いでいるその他の人は、参ったナァという感じ。

早速翌日に移動開始。
ピアノを置く場所には、和紙をしまっている桐の引き出しを置いている。
この台が、メダカ台にぴったり。
なあんだ。
こんなことにナンデ今まで気付かなかったンだろう。

引き出しをリビングへ移す。
台はとりあえず発砲スチロールブロックで、間に合わせた。
桐ゆえ、(和風のつくりなので)リビングにしっくりはこないが、
私達の仕事にはとても大事な収納用品。

さて、メダカの水槽もきれいに掃除し、
東側のベランダに程よく納まった。

ちょっと大変だったのは、
メダカ台にしてしまった元桐の引き出し(これも三段の引き出し)
の台の中にしまっていた、色紙、短冊、寸松庵などの作品の移動。

壁面の収納扉を開けると、まだ余裕アリ。
ここを片付けて入れることにしよう、と
思いついたところで、風太がワンワン!
ア、もう休憩時間か。
時計を見なくても、我が家では犬時計が正確に
時を知らせてくれる。

今日もよく働いた。
このところ、重たい物を運ぶ作業がけっこう多いので、少々腰が痛い。
無理をしてはイケマセン。
「ちょっと休も」を心がけて。

アトリエがすっきりした。
娘も遠慮なく弾けると喜んでいる。

生活を楽しむ、生活空間を居心地良く整える。
アイデア次第で、部屋の中は便利に変えられる。

とマア、賢いことを言っておりますが、
実は作品を1枚描く仕事があるのです。
気になることをすべてやっておかないと、
集中できないため、でもある訳で・・・。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索