FC2ブログ

アサコムホールへ搬入

家の中がしぃーんとしている。
皆で出払って、風太は夕食後サッサとベッドへ行った。

アトリエ兼教室も、静まり返っているように思えるのは、
生徒達の全作品を、アサコムホールへ搬入したからだ。

所狭しと置かれていた70点余の作品が、
早朝テキパキと運搬された。
小さいけれどこんな時とても頼もしい我が家の車は、
寿司詰め状態でも文句も言わず、スムーズに発進。

乗れない私達は、タクシーで会場へ移動。
それから5人の女達の活躍が始まった。

作品を台車で運び、梱包を解く。
私の指示で、コレはあそこへ、コレはこの辺へと配置され、
次々に吊り具にかけられる。

壁へは大きな押しピンを金槌で打ち、取り付ける。
パーテーションが多すぎることに気付き、
取り除いてもらった。

台に置くものにはマクラを付け、斜めに立てて見やすいようにする。
今回はお軸が多いので、ズラッと並んだ様は、壮観であった。

少し離れて配置を確認し、キャプションを付けてゆく。

娘はカメラで記録し、
最後に全員並んで、新聞社のスタッフに記念撮影してもらった。


玉麗会を立ち上げてから、今年で20年になる。
過ぎてしまえば・・・とよくいうが、
やはりいろいろ大変な20年間であった。

朝日新聞社の方達が、搬入展示作業があまりにも手際良いので、
驚いていた。
これが20年やってきた証しのひとつでもあると、自負したい。

荷物の少なくなったアトリエに、
新しい旅行カバンがひとつ。
今日帰りに手に入れたものだ。
娘の要望で、元気印の赤にした。

教材をいっぱい詰めて、
明日から又、各教室へ通う。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索