FC2ブログ

世の中カンタンでフクザツ

伝達手段は、電話からFAXになり、メールへと変化した

玉麗会でも、“休みます”の連絡が、
電話からメールへと徐々に移行している。

といっても、平均年齢の高いわが会は、
全員がケイタイやパソコンを自在に操れる訳ではない。

かくいう私からして、
ケイタイはほとんど携帯しない。
パソコンはダメという、アナログ人間だ。

それで不便がまずないので、
必要としないものを使わないのは、
私の中ではごく自然なことと思っている。


ところで、ケイタイやパソコンのメールで、
断わり(キャンセル)をする場合、
声も表情も見えない訳だから、
少しの躊躇も後ろめたさも味わうことなく、
出席不可の旨を伝えることが可能だ。

受信する側も、
ア、ソウ という感じで返信すればよいのであろう。

そう思っていたら、
ある友人が、こぼす。

「至極カンタンにドタキャンしてくるのよ。
メールは、生の声じゃないから、言いにくいこともないし」

「ドタキャンは、人間のウラが見えるよネ」

とも。


うーん、
便利なものほど、対人関係を複雑にさせるのか。
勝手な理由でキャンセルしてきたら、返信しないンだそうな。

メール人間にはソレが1番堪えると聞いて、
ふうーん!?


それで思い出したことがある。

私の所へ、FAXで欠席を届ける人がいる。
絵ハガキをしょっ中送ってくれる人もいる。
基本的に返信はしない。

コレ、別に怒っている訳ではアリマセンので、
ここで説明しておきます。
要するに、時間的余裕がナイという、
カンタンな一言です。

さて、アナログ人間は何かをお断りする時、どうするか?
ハガキという手段を使う。

私は体調が不安定になって以来、
仕事以外の気を遣う約束事をしなくなった。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索