FC2ブログ

木の芽どき

昨年のブログを読むと、
“2月は暖かく、3月が寒かった”
とある。

2月が終わった。


新聞の天気予報欄は、3月初旬、雨マークが多い。
一斉に芽吹く日が近いため、
この時期は、十分に水分が必要なのだろう。

というより、寒い冬が過ぎ、
雨が多量に降った後に新芽を出すように、
日本の植物のDNAは組み込まれているのかもしれない。


ところで、四季がある国に生まれた私達は、
どうなんだろうと考える。

といったって、学者じゃない私にわかることは限られている。
せいぜい、自分のことを例にとって、
マアこんなもンかと頷くくらいか。

何事もおもしろがって、明るく生きていれば、
冬の次は春がくる。
切り替えをいかに早く出来るかで、運も変わると思っている。


さて、アサコムホール展が近づいて、
特別教室が増え、手本描きが忙しかったが、
何とか、あと1枚残るのみまでに制覇。

生徒達もよくがんばり、続々と作品が出来上がりつつある。


何をしていても、春先は調子が良くない。

ならば、肩凝り、多少のめまい、胃部不快などを、
一時的に忘れさせてくれることに専心するより、他ない。

生徒達の作品作りは、それに最も適していると、
最近やっと思えるようになった。


寒くても暖かすぎても、
私の体は敏感すぎるほど反応する。

今年の3月は平年並みであってほしい。

展覧会が近づくについれて、雑事が増えてくる。
私と娘は、生徒には見えない所で、日々忙しい。

今、愚痴を言ったり、シンドくなったりしては、いられないヨ、と
言い聞かせ…。

でも、やっぱり、ツカレルーーッ。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索