FC2ブログ

見守っています

この辺りでは今年、7月3日に初めてセミが鳴いた。
まだ数が少なく騒音までには至らない。
我が家の飼育箱でサナギになったアゲハは、7月12、13日ぐらいに羽化する予定。
毎日見ているが、オオムラサキの時もその瞬間には立ち会えなかったことからして、
たぶん早朝にそのドラマは始まり、私達が目覚めた頃には終わっている。
誕生したばかりのチョウに声をかけてやるのも、待ち遠しいことだ。

さて、ペットであり、家族の一員でもあるワンコの風太。
8歳になった。
このところ、彼のことを書かなかったのには訳がある。

今年1月頃から右目が白内障になり、右に障害物があると避けきれず、ぶつかるようになった。
さらに左目が6月から悪くなり、とうとう見えなくなった。
犬とはいえ、にわかに自分の身に起こったことが納得できず、3日程落ち込んだ。
食欲旺盛だったのが、与えれば食べるが、要求はしなくなった。
じっとしている風太の様子を見ていると、家族みんなが心重い。

獣医で目の手術も出来る先生を捜し、検査してもらったら、
白濁の部分を取り、レンズを入れると見えるようになるとのこと。
しかし手術は1回2時間ぐらいかかり、片方ずつ2回に分けて行うらしい。
しかも、前後1週間近く入院してのこととなる。
人間だとその日のうちに終わるが、動物の方はまだこんな状態なのだ。
小さな体への負担を考えると、さらに心が痛む。
風太はそんなことはまるで知らない。

ところが人間に比べて、理不尽なことを受け入れる適応力は素晴らしい。
今や、家の中だったらもう目が見えているのじゃないかと思うほど、
動きに敏捷さが戻った。
「ごはん!ごはん!」時間がくると大きな声で走り回っている。
時々、ゴン!と何かに当たっているが、へこまない。
ガンバレ風太!
又見えるようになるからネ。

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索