FC2ブログ

アレはいつのことだったか?

笑いにはツボがある。
同じことを言っても、おもしろがってくれる時とそうでない時があるし、
受け手によっても反応は違ってくる。
噺家やお笑い芸人でも、笑いを取るのはなかなか難しいのに、
素人が受けを狙っても、そうそう上手くはいかないだろう。

帝国ホテルプラザの「セーヌの畔」は、
風太を連れて散歩に行って、お茶も飲めるので、時々利用する。

その日も、チーズパンと紅茶で3時のおやつ。
「まだョ」と言われてチンと座り、
目の前に置かれたパンのかけらをじっと見つめる風太。

と、その時、スズメがサッと飛び降りてパンをくわえ、
アッと言う間に逃げ去った。
呆気にとられた風太クン、一瞬あとに「ワンッ」吠えたが、事すでに遅し。

この時の様子を友人に話したら、大受けで、
私もその時の風太の顔を思い出して、2人で大笑いした。

さて最近、アレ、ソレ、アノ、はますますひどくなり、
娘と息子がため息をつく。
今日はちょっとひどかった。

“スペインのサッカー選手「カカ」の移籍金が92億円”
との見出しの新聞を広げて、娘が「スゴイナァ」と言っている。
私は「ヘェーッ」と驚きながらも、それに関する何かを言おうと、
おもむろに口を開いた。しかし…

「…こないだな、……違う、昨日な、 ………今日か」

娘はテーブルに突っ伏して肩で笑っている。
何かおもしろい事を言った訳ではなくても、
ヒョイと自分を省みて、おなかが痛くなる程、おかしい時がある。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索