FC2ブログ

人生の応援画をひとつ

午前2時半ごろ、バチバチッ パンパーン!と大音響。

我が家の番犬は瞬時に起き上がり、ワン!ワン!と吠えている。
その音が近くの公園で鳴らす爆竹だと解かったからといって、
何をどうする訳にもいかぬ。
悪ガキどもめ!と思いつつも、導眠剤のおかげで再び眠った。

それにしても真夜中である。
公園の近くであると、そこに建物は建たないから広々としてよい反面、
何かとウルサイ。
これから夏に向けて、花火の音が賑やかで、風太には受難の季節となる。

5歳くらいまでは、カミナリも花火も知らぬ顔だったのに…。
犬もおとなになるといろいろと訳知りになるらしく、
それが困ることもあり、いいこともある。
最近は朝私が起きるのを、おとなしくチンと座って待っている。
いつ頃目を覚ましたのかはわからないが、以前のように騒がなくなった。
「いい子やネ」と声をかけると、途端に
フィンフィン ファオーンと甘え声を出して、朝ごはんを要求する。

さて、仕事のゴールデンウィークが終り、後期手本が出来上がった。
作品の進行状況は予定通り。
手本のコピーが早々と上がってきた。
今月下旬から順次手渡す予定。

昨今、不況・新型インフルエンザと、暗くなるニュースばかり。
応援歌ならぬ、応援画とでも言ったらよいだろうか、そんな絵を1枚考案した。
玉麗流ダルマ絵。
がんばってほしい人に、描いてあげて下さい。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索