FC2ブログ

どうせなら…

子供の頃、おとなの話に耳を傾けるのが好きないとこがいた。
積極的に話の中にも加わろうとする。
けっこうおしゃべりで明るい子だった。

私はというと、あまり多くを知りたがろうとする性格ではなかった。
どちらかといえば、空想的世界に入りがちで、
通信簿にも、消極的と書かれたことを覚えている。
「今のあなたを見ていると、想像つかないよね」と友人が言うが、
実はそちらの方が本性で、現在の私は造られたモノ、いや造り上げたものだと、
時々思う。

昨日まで、先輩の絵画展が兵庫県であった。
見せて頂くつもりではあったが、
予定していた日、どうしても抜けられない所用が勃発して、
残念ながら期日が過ぎてしまった。

ちょっと以前の私なら、用事を終えたその足で、
少しぐらい遅くなっても、駆けつけていただろう。
それをしなかった自分を、ホッと労わっているもう1人がいて、
人は子供の頃に帰ってゆくって言うけど、ホンマやナァと思う。

その話を娘と息子にすると、2人共笑って言うのだ。
「ソレッて、単に老化って言うよ」
解ってるけどネ。

夕方出かけると風邪ひくかもしれンし、
明日は2ツ教室があるし…

いろいろ考えると、もうやめとこうとなってしまう。
「造り上げる」なら、ついでに、
もっと丈夫な体も造り上げるべきであった。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索