FC2ブログ

ボランティア活動は唯我独尊で?

「ボランティアみたいなもンよ」
「ボランティアだから大変よ」

よく耳にする言葉だ。
誰しも係わった上で、そんなことを口にするのだろう。
要するに、お金はほとんど(あるいは全く)絡んでいません、慈善事業ですということ。

ならば「清々しく、喜んでしています」かというと、そうでもない。
「けっこうシンドいものです」と続くのだ。
けれども、ほとんどの場合「断れず、やむなく」でもあるらしい。

実は私も体験的にしっかりそれを学んだ。
それもたて続けに2度。
確かに、断れず、やむなく引き受け、
私の体は悲鳴を上げ、2日寝込んで、体調が落ち着くまで2週間もかかった。

じゃあもう2度とやらないかと聞かれると、
「はい」とは言えないところがツライ。
人間社会は互助関係で成り立っている。
他人との付き合いをスムーズに運ぼうと思えば、
時としてシンドい思いもしなければならない。
あまり楽しくないことも、加わりたくないナァと思うことも、
全部込みでのお付き合いなのだ。

ボランティア活動を上手にこなしている人もいる。
きっと、どんな場合でも楽しむ術を知っている、人生の達人に違いない。
「飄々としているか、独善的であるか、どちらかの人に多いけどね」
今回一緒にボランティアに加わった友人が言った。
ウーン、スルドイ!!
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索