FC2ブログ

初秋

8月31日の真夜中に何かがグワラと変わり、9月1日になる訳ではないのに、
朝目覚めると、陽の光に黄金色を感じる。
そして、夏はもう終わったンだと、心の中で呟く。

今日も明日も、まだ当分は暑い暑いと言いながら暮らすので、
せめて、感性の中だけでも秋を迎えたいと願うのは、
日本人だけなのだろうか。

秋といえば、こんな都会の中でも、
赤トンボが群れを成して飛んでいるのを見ることがある。

わが家のベランダの小さなガラス器に住むヤゴ。
彼?も旅立ちの時を迎えようとしているのか、
ちょっと前から、大好物のアオムシを与えても食べようとしない。

羽化する時には這い上がれるように、小さな板きれを入れてやると、
その裏側に隠れてじっとしている。
顔はいつの間にかトンボの体を成している。

私達は日に何度も様子を見ては、「その時」を心待ちにしている。
去年は糸トンボが5匹ほど巣立って行った。
今年のヤゴは大きいし、体の一部が少し朱を帯びているから、
赤トンボに違いない。

あと何日、わが家を棲み家にするのだろう。
何も食べようとしないのは、飛び立つときに少しでも体を軽くするためだと、
ヤゴの話をするたびに解説している。

赤トンボになる日、きっと空は澄み渡り、ほんの少し涼風も吹いているだろう。
その風に乗って、羽ばたき、川の方向へ飛び去る日が近づいている。
ちょっと寂しくなるだろうナ。

そうだ、今年はクリーム色のまんじゅしゃげが、ひょっとして咲くかもしれない。
何かを待つのはうれしいことだ。
季節は少しずつ移って行く。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索