FC2ブログ

煎じて飲もうにも…

本を読む、家の中を片付ける、ベランダで花や野菜の世話をする。
もちろん絵を描く。
いろんな事を、アアデモナイ、コウデモナイと考えて遊ぶ。
私の休日は、そんなことで終わってしまう。
コレッて全部1人で出来ること。

3年ぐらい前から、他人との旅行はしなくなった。
食事会もパーティも、自分からは計画しない。
誘われてもほとんど断る。

以前からそうだったかなあと考えてみるが、
人付き合いが下手でもキライでもなかった。
原因は体力不足だ。
めまいが怖くて、はしゃげなくなったのだ。

そうなったすぐは、ひどく落ち込んだ。
「もう、私には楽しいことなんかなんにもない」
と思うと、人生どうでもよくなる。

今から思えば、円光寺の天井画・襖絵が完成して、
疲労と安堵で脱力状態だったのだろう。
それから1年ぐらい経った今、ようやく、
「どうでもいいや」という気持ちから、抜け出した気がする。

しかし体力は3年前に戻ってはくれない。
やはり気疲れすると、めまいまでいかなくてもフラフラになる。
寝込んでしまう。
なるべく人と接しないようになったのは、そのせいだ。

しかし教室へ出ない訳にはいかない。
そこで、2時間びっしりはりついて気を抜かない状態から、
ちょっと抜け出ることにした。
生徒が練習している間、娘とアシスタントに任せる。
そして、絵が出来上がった頃、戻って手直しする。

この話を、私と同じ仕事をしている友人に話したら、
「私はアナタみたいにキマジメじゃないからネ。
生徒と一緒でもちっとも疲れないヨ」と言われた。

残念なことに、彼女のツメは美しく手入れされていて、
垢はおろか、絵の具のシミひとつ見当たらなかった。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索