FC2ブログ

久し振り!!

同じクラスでお互いに一目置いていた間柄のAさんが、
息子の嫁の母であるKさんと一緒に来阪。
Kさんは円光寺ツアーの折、握手をしたというだけの知り合いだが、
3人共同じ年齢。

ナンバまで迎えに行った時点で、すぐ打ち解けた。
嫁の母と旅行をするというのも珍しい関係だと思うが、
Aさんとは、そういう人なのだ。
誰とでもお友達になれる。
もちろん、Kさんがおっとりした感じのいい人であるせいとも言える。

近くのホテルに泊まった翌日、わが家へ。
私は彼女達を迎えるため、ベランダ・リビング・玄関を花で飾ったから、
ベランダは外からも見て欲しい。
真下に来たら手を振るから見上げてね、と言っておいた。

やって来た。電話が鳴る。
ケイタイってこんな時素晴らしい。
「ここよーっ」と電話に向かって叫ぶが、
なかなかわからなかったというところも、又楽しい。

それから3時間ほどよくしゃべり、よく笑い、
昼食時はホテルに戻って、又しゃべり笑う。
帝国ホテルでお茶をしようということになり、
歩いていると、「この道今朝通ったョ」とAさん。

ナント、5時起床で大阪城へウォーキング。
体操していたから仲間に入れてもらい、
付近に住む親切な男性に、この辺を案内してもらいながら、
帰ったという。
Kさんが「どこへ行ってもこの調子」と笑う。
学生時代から社交的ではあったが、さらに磨きかかった様子が頼もしい。

「気分がいいナァ、この道緑がきれいヤワァ」
ゴキゲンの彼女は、得意の歌が出る。
「Kさん、高音部、私は低音部、いくよー」
私にも、というが、歌詞が時々頭から消える。
オバサン合唱隊は、周囲に咎められることもなく、
無事帝国ホテルへ。

ショッピング街を見て歩き、「カラカラ」でエプロンを手に入れた。
そうだ、ささやかなおみやげに食パンを渡そう。
“帝国ホテル”と焼印が入っていると説明すると、
とても喜んでくれた。
ホテルのバスに乗った2人に、見えなくなるまで手を振った。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索