FC2ブログ

わが街

春になると、ここに住んで良かったナァと、あらためて思う。

2日前から急に体調が崩れ、
朝、めまいが起きないかとビクビクしていた。

今朝も娘に「休む?」と言ってもらって、
どうしようか迷いつつ教室へ。

帰宅すると、やはり立っていられない。
遊んでと騒ぐ風太をなだめながら、ソファに横になる。
そのまま1時間半ぐっすり眠ってしまった。

めまいは目覚めた時やってくる。
恐る恐る起き上がると…

アレッ!
何かスッキリしている。
そうだ、風太クン お花見に行こうか。

しばらく歩くと、桜並木。
右へ行けば、毛馬の水門、左へ歩けば帝国ホテルへの道。
どちらへ行っても、
大川の両岸にうすくれないの花霞が続く。

日本人の桜好きは、一体いつに始まったのだろう。
公園は、どこへ行っても1本や2本桜の大木がある。

八尾に住んでいた時も、川沿いに美しい花吹雪が見られたが、
ここに来て15年、
年経る毎に、桜に愛しさを感じるようになってきた。

大阪は、水辺の整備を進めている。
平成の通り抜け計画のため、桜の並木が植えられつつある。
大川から中の島に続く川端は、
よりいっそうきれいになることだろう。

初夏は、新緑の、
初冬には、葉を落とした木立の、
それぞれ感動的な様を見ながら、散策を楽しめる。

春はことさらに、華やぎを見せてくれる。
この道が、この公園が、まるでわが庭のように
近くにあるしあわせ。

“桜の精が住んでいるので、『桜ノ宮』という名がついた”
というのは、玉麗のお伽話です。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索