FC2ブログ

春本番

久し振りで、北摂の園芸店へ行き、
春の花をいっぱい手に入れた。

昨年、次々に蕾を付けて花を咲かせ、楽しませてくれたゼラニューム。
無難なところでこの花を中心にした。
室内用には、白とクリームの八重咲きマーガレット。

バルコニーを花で飾るのは、心ウキウキする仕事であるが、
まだ蕾がついている花達を抜いて捨てるには、
けっこう決断がいる。

かわいそうやナァと思ってしまっては、美しさを維持出来ない。
新しい花を買ってきたら、エイッと気合いを入れて、
今までの株を抜く。

「それが、花壇を整理するコツなのよ」
と花友達が教えてくれた。
「それと、アレもコレもと欲張って植えないこと」
とも。

下から見上げたり、隣のマンションから見てきれいだナァと、
自分の部屋から眺めてもいいナァと思えるようにするにいは、
やはり色の組み合わせであろう。

紫や濃い紅色は大人っぽいムードにはなるが、遠めには目立たない。
やはり、赤・白・ピンクの濃淡が、一番華やかに見える。

ピンクのペチュニアが垂れ下がって、
花は全員太陽に向いているのも、愛らしい。

夏になれば、ブーゲンビリアを少し手に入れよう。
1ハチあるが、初冬まで咲いてくれて、とてもいい子。

シクラメンの赤と白がまだ咲き続けている。
球根なので、あまり手入れしないで放っておいても、又来年咲く。
寒さに強く、冬の女王と言える。

今日行った花屋さんは、かなり広く種類も多くて、
どれにしようかとウロウロするのも、うれしい悩みだ。

裏の土手にスミレがいっぱい咲いていた。
土筆を捜したが、スギナはあるのに見つからない。
1本だけ、もう長けてしまったのが、寒そうにヒョロと立っていた。

明日は休日、花の植え替えに忙しい。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索