FC2ブログ

待ち遠しい

電話に出るなり、娘は叫んだ。
「お母さん、すっごいよう!!」

彼女は12月1日の下見のため、徳島へ行っている。

円光寺の絵を伯父(私の兄)の運転で観に行き、
夜になって電話をかけてくれた。

どんなに“すっごい”のか説明してくれる。
しかしここで言ってしまっては、
観に行った時の感動が薄れるやもしれぬ。
あとちょっと、ご辛抱下さい。

円光寺からも、友人達からも、次々と
「良く出来上がっている」と電話をもらってはいるが、
やはり、娘からの報告が一番リアルで、
彼女も制作に携わっているから、
興奮度がより大きいということだ。

報道関係者とも会って、話をしてきたとのこと。
四国放送、NHKテレビ、徳島新聞と
精力的に回ってくれたようで、
きっとどこかが取り上げてくれることだろう。

円光寺の絵の話をするたび言っていることだが、
爆発的ではなく、ゆっくり広く長期に渡って、
人々の心を捉えて欲しい。

100人の子供達の絵を観て、
身近な人や自分に似た子供を捜して欲しい。

いつか逝く処がこんな様子なら、
心安らかでいられると思ってくれたら、
とてもうれしい。

私も早く、完成した天井と襖を観たい。
あと7日。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索