FC2ブログ

秋がやってくる その②

昔からサロペット(フランス語だそうな)が好きな私。

けれども今、もし出回っているとしても
若い人向きで、私が穿けるようなものは見当たらない。

そこで作ってもらうことになった。
と言っても、費用は生地、仕立て代込みで
ブティックのパンツ類とほとんど同じくらい。

ナンバ教室へ行くたびに、
生地を買ったり、
それを一度洗って又持って行ったり、
仮縫いなどもあって、
仕上がりまでに1ヶ月程かかった。

やっと出来上がった日、鏡の前で試着してみると
上々の出来栄え。

立ったり座ったり、
トイレに行ってもすぐ用を足せるかどうかなどチェックして、
「とても良く仕上がっています」
と礼を言うと、
デザイナーがうれしそうにニッコリした。

最近は娘に
「オッサンになっている」
と言われることばかりなので、
たまには変わった服を着て出かけてみようか。

この色になら何でも合うだろうけれど、
先日書いたオフホワイトのTシャツにしよう。
クシュッとしたタートルネックがいい。

昔から好きだったと書いたが、
では愛用していたかというと、そうでもない。

なぜなら、サロペットは
肩が凝る、トイレが不便、子供っぽい、外出着には似合わない、
などいろいろ理由がある。

つまり店で売っているものでは、満足できなかったということだ。

この年になり、仕立ててみようと思い立ち、
けっこうサマになるものが出来上がった。

しばらく着用してみて、これならいけるとなったら、
私の制服にしようかとも思っている。

しかし、ベリーショートの小柄な私に、
黒っぽいサロペットとなると、
後ろから見ればやっぱり
“ちっちゃいオッサン”だヮナァ。

思い切ってシマシマとか、ドット柄にでもしてみようかしらん。

サロペットを穿いた水墨画家なんて、
ちょっと見当たらないだろう。

昨日まで、
「次のパフォーマンスの時は袴を穿こう」
なんて思っていたヒトが…

久し振りにおしゃれ心がときめいて、
暑いながらもやっぱり秋ですネ。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索