FC2ブログ

観る、見る、疲れる


わが家の本棚で「字幕の中に人生を」を、
見つけた。

この年になると、本を読む行いは
“人生の指針を見いだす” ほどのこともなく、
単にヒマ潰しのように思われるので、
買うのはいつも単行本。
読み終えるとすぐに処分する。

戸田奈津子著のその本は、ハードカバーであった。
ちょっと立ち読みすると、何となく内容を思い出した。
再読しても面白い本は面白い。
アトリエ兼教室は火の気がないので、
リビングへ移動する。

後でわかったことがだ、
戸田奈津子氏の講演を聞きに行って、
そこで買ったものだった。
私ではなく娘が。

達筆なサインがあり、講演のチケットが挟まれていた。
2001年3月11日、15年前のことだ。


本の内容は、
1970年から1994年までの、
女史が関与した洋画について、
字幕を通してのあれこれが綴られている。

観た映画もあり、観なかったけれど
あらすじを何となく知っているのもある。

観るヒマがなかった頃もあった。
観たいと思えばレンタル出来る時代になったが、
画面を長時間見つめると
眼がひどく疲れるようになってしまった。

活字もしかりで、本を読むと
遠近の調整がしづらくなってくる。
眼の良い人がつくづく羨ましい。

(玉麗)



にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。
水墨画・墨彩画の情報は → 玉麗オンライン(ホームページ)へ

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/2353-c81a4c6f

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索