FC2ブログ

椿の寺



京都市左京区鹿ヶ谷御所 哲学の道から
疏水を越えて少し行ったところ、
法然院。

本堂北側の中庭に三銘椿(五色散り椿・貴椿・花笠椿)
が植えられている。

山門に至る参道にも、薮椿が咲く。
夏には放生池横で蛙の姿を見つけたこともあった。

1人で行くもよし、知人・友人を誘うのも良い。
ただし、ひっそりと佇む風情の寺なので、
ワイワイガヤガヤは似合わない所だ。

以前、この寺の椿をモデルに、絵を描いた。
個展で、見知らぬ女性が買って行った。
五色椿であったことだけ覚えているが、
どんな図柄だったかは忘れてしまった。

私の絵ハガキ等の製作を担当してくれている
陽気工房の佐々木さんが、
法然院を訪い、その旨を話して
許可を頂いたと連絡があった。

椿は冬の花のように錯覚するが、
木へんに春、つまり春の花、これからが見頃。

法然院は椿の寺としても知られている。
哲学の道周辺に行かれた折は、
玉麗椿の絵ハガキをぜひ、ひとつ。

(玉麗)


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。
水墨画・墨彩画の情報は → 玉麗オンライン(ホームページ)へ

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/2334-f0f8f0de

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索