FC2ブログ

テンの後日談


2月2回目のテーマ、「雪景色とテン」。

テンとオコジョとがごっちゃになるので、
私の愛読書のひとつ、「動物図鑑4 哺乳動物1」(講談社)を
開きました。


昨日の記事を読まれた方は、
玉麗オンラインへリンクを貼っておいたので
そちらで、その詳細を知って頂けたかと思います。

まだの方は、こちらよりどうぞ。
→玉麗オンライン「恐怖のイタチ!!(2月手本 雪景色とテン)」


図鑑のイタチ科の欄を熟読していました。


雪「ゾリラってこわそうですね」

玉「ナントカとゾリラっていうのあったな」


一同「??」

玉「ほら、クラシック、オペラで、ナントカとゾリラ」

雪「ああ、そういえば・・・」

玉「いや違う、ゾリラじゃないわ、ゲリラか」


ゲリラ?

玉「イヤイヤそんなんじゃないわ!」


玉麗先生のテンションが上がってきました。


玉「絶対あった!」

雪「あれと勘違いしてる?ジキルとハイド」

玉「そんなん違う、クラシックって言うてるのに」

雪「わかった、トリスタンとイゾルテ」

玉「違う!」

雪「フラニーとゾーイ」

玉「だから違うって!」


思いつく限りのそれっぽいタイトルを上げましたが
全部却下。

教室が終了するころに突如、

玉「サムソンとデリラ!!」

えーー?

ガヤガヤ。
サムソンって、電気メーカーありませんでした?
ざわざわ。

私はまったく信じていませんでしたが、
あまりの自信満々な様子に、ネットでチェックしました。


ありました。

ちゃんとオペラで!


玉「ほーらみてみい!」


玉麗先生が、このオペラを鑑賞したという話は
聞いたことがありません。


テレビでよく見る俳優の名前は100%出てこないのに、

サムソンとデリラ。

一体どこから舞い降りてきたのでしょうか?

水墨画って奥深いです。


※会話中、私が例にあげたタイトルは
それぞれちゃんと実在します☆

(雪)


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。
水墨画・墨彩画の情報は → 玉麗オンライン(ホームページ)へ

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/2326-9d62029b

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索