FC2ブログ

立春過ぎても寒い日に


今日は陽の恵みの偉大さを思わずにはいられない。

今朝は曇って朝日が出なかった。
その上、一陣の風と共に、
冷えた雨まで降ってきた。

もうこうなると、外へ出る気は萎えてしまう。

絵を描く気分にもならない。

仕方なく、本を開ける。


イスに座ると、
いつもなら足許にまとわりつく風太が、
さっさとドーム型ベッドで寝てしまった。

ヒーターが入っているから、
手を差し込むと中の空気がほんわり暖かい。

“母さんも入りたいワ”
と言うと、うっすら目を開けた。

“ア、いいのいいの、寝てて”

1時間ほど読んでいると、
字面が急に明るくなってきた。

お陽さまが雲間に出たのだ。

薄陽ではあるが、
冬の陽射しは何と有り難いことか。

今冬は床暖だけの日がほとんどで、
高熱費が目を剥くほどではなかった。

それはそれでうれしいことだが、
暖冬は地球規模で考えると
呑気に喜んではいられない。


太陽が発する光と熱は、
太古からあまり変化はないのだろうが、
そのエネルギーを調達する大気を壊しつつあることに
あまりにも関心がなさすぎた。

今日のように凍える日は、
うすら寒い想像がふと頭をよぎる。

(玉麗)


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。
水墨画・墨彩画の情報は → 玉麗オンライン(ホームページ)へ

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/2311-28c51d93

Comment

スマイル | URL | 2016.02.09 20:10
ほんとに寒い一日でした。やはり2月は寒さの
どん底と言われていましたが昔の人たちの寒さはこんなものではなかったでしょうね。
雪 | URL | 2016.02.09 21:07
家の中にいると快適で寒さを忘れてしまいます。
Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索