FC2ブログ

龍の絵:リアルタイムで報告します

墨磨りには、私の方が音を上げた。
筋肉など、どこにもついていないと思われる腕なのに、
筋肉痛である。

「墨磨り機を買ってきて!」
「行ってくるけど、この顔じゃ、妙齢の美女も台ナシやっ」

私と娘は3日前から、龍と格闘している。

かのドラゴンは、我が家のリビングにドッカと居座って
畳8枚分の面積を占めている。
デカイ顔して、火焔を従え、宝珠を掲げている。

確かに、私が描いたものではあるが、
いつの間にやら、制作者の意図からスルリと抜け出てしまった。

おかげで、下図とは全くと言ってよいほどかけ離れ、
私は、描きながら考え、考えながら全体を推し量る有様。

娘はもっぱらぼかし担当である。
ぼかしと言ってもこの大きさであるから、
手でアミを使ってはいられない。
コンプレッサーを使いこなすのに、少し時間が必要であったが。
なかなか、うまい。

そこで、真っ黒クロスケになってしまうという訳。
マスクはしているものの、鼻の穴は真っ黒。
鼻の周りまでうっすらと黒い。

「アハハハ、顔洗ってから行ってや」

墨磨り機登場!!ジャーン。
これはいい買物であった。

私達が描いたり、ぼかしたりしている間、
何の文句を言うこともなく、せっせと回り続け、
墨を生産してくれる。
すぐれものである。
最初から買っとっきゃよかった。

T夫人が、お昼のお弁当を差し入れしてくれた。
何とマァタイミングのよい。
T氏にも見て頂こうと、電話でお呼びする。
お2人とも、「スゴイですナァ」と言ってくださって、
やっとお昼ごはんとなりました。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索