FC2ブログ

花のプレゼント

娘と2人で襖絵の総仕上げをした。

パーツごとに広げて、細部を描き込み、色落ち防止をする。
この仕事で1日費やす。

特に、定着液をスプレーするのが、こんなに大変だとは思わなかった。
2人で約1時間ぐらいかかっただろうか。
最初は丁寧にかけていたが、2人共手指が痛くなり、
あとは表装屋さんに任せようということに。

娘は翌日筋肉痛に、私は1日遅れて、今日体中が痛い。

奮闘のおかげで、襖は完成。
龍は今月半ばに描く。

さて、私も無事還暦まで生きることができて、
先日身内でささやかにお祝いをした。

大きな花束が2ツ届いた。
重たいほどにカサブランカと、
今までのもらったことのない椿の花束。

前者は「玉麗を励ます会」から。
椿は息子から。

カサブランカは3日ほど室内に活けておいたが、
次々に咲き出すのを見て、家の中で楽しむのはもったいないと、
外の玄関に出した。

外出のたび、エレベーター近くまで香りがついてきてくれる。
帰宅時は香りのお出迎え。
来客が、花の見事さと香りの良さを褒めてくれる。
花にはかわいそうであるが、雄しべで衣類を汚さぬよう
蕾が開くと同時に取ってしまう。
ゴメンネ。

椿は日光という種類。
外側に八重咲きの花びらがあり、
内側に小さな花びらのかたまりがついている。
黄色いシベはその中に隠れているから、
真っ赤な花が元気のもとを振りまいているように思える。

いつか、椿が好きだと息子に言ったのを、覚えていたらしい。
花屋さんも椿の花束の注文には、面食らっただろう。

受け取った時の私の様子を見て、娘が息子をからかう。
「今、ヤッターッと思ってる!」
息子は照れ笑いを見せていた。

ところで、椿はたいてい虫がついている。
いつ侵入するのか、蕾の中に穴があいているのもある。
1人静にしている時、カサッ カサッと音がする。
耳を澄ましていると、テーブルに虫の食べた花弁のカスと
フンが落ちる音であった。
なかなかに、楽しませてくれる演出ではないか。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索