FC2ブログ

服を仕立てる


娘の誕生日はクリスマスに近いので、
一挙にとなってしまう。

子供の頃から大体そんな具合だったようで、
少々不満でもあったらしい。

でも2ツ買う予算で、
1ツ良いものを手にすることが出来たらいいじゃないのと、
これは親の勝手な言い分かもしれない。

心斎橋 “とらや” は、私の気に入りの店で、
いつも愛用しているワイドパンツは、
すべてここで作ってもらった。
ブティックで買うより安く出来上がるのがうれしい。

今年は娘のスカートを新調することになった。
娘は初めてのお仕立てなので、
デザイナーの先生に生地の特徴など聞いて、
アレコレ迷いながらもオーソドックスな布を選んでいた。

1週間後仮縫い、
さらに1週間後、ちょうどクリスマスに出来上がるようだ。

私が徳島にいた頃、
洋服はほとんど仕立ててもらっていた。
子供の頃は母が作っていたように記憶している。

今考えれば、既製品が少なかったせいだろう。
おとなになって町の仕立屋さんから
市内の洋装店に格上げしてもらった。

女店主は行くたびに褒めてくれる。
注文する日、仮縫いの日、出来上がって試着した時、
“娘” ではなく、“レディ” にならなくちゃと思ったのは、
たぶんその時ではなかったか。

娘は、洋服を仕立てる儀式をまだ済ませていなかった。
遅まきながら、味わってもらえるとうれしい。

(玉麗)



にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。
水墨画・墨彩画の情報は → 玉麗オンライン(ホームページ)へ

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/2247-4d393b41

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索