FC2ブログ

アノ、ホラ、アレ、ソレッ!

もうずいぶん前から、固有名詞が口に出来ない。
つまり人の名前や映画の題名などが、すぐ出てこない。

ライブドア事件で、
「懲役2年6月の実刑判決を受け、即日控訴した」
という新聞の記事で、“控訴”について
説明していた時のこと。

私流に話をしたが、改めて辞書を引くと、
控訴とは
「第一審の判決に不服なとき、上級の裁判所に再審を求めること」
とある。

いや、今はこれについて書きたい訳ではない。
話は映画に飛んでいったのだ。

チョイ昔の映画について。
主人公は女性で、復讐のため、刑務所を脱走する。
後を追う刑事。
この俳優の名前が例によってでてこない。

「ホラ、アノ、黒人とコンビを組んだ映画もあったヨ。
ブラック何とかっていう題の。
あまり背は高くないと思う。若くはない。
顔はハンサムじゃないけど、お母さんは好きやナァ。
ジョージ何とかじゃないか。
いや違うか。」

その間に娘がいろんな人の名前を言うが、全部違う。
ちょっと近未来的で、ホラ、わからんかナァ。

「それで、その人の顔はお母さんの頭の中には出てきてるの?」
「うん、あのシーンもはっきり、ホラ、変ないきもの、宇宙人みたいな…」
「わかった!メン・イン・ブラックや」
「ソレッ!」

ところが娘もすぐには名前が出てこない。
「ナンカ、3ツぐらいあったナァ…ナントカ・ンー・ジョンソン?って感じ?」
「ミ、つかへん?」
「トミーちゃう!?」
「トミー・リー・ジョーンズ!!」

ああ ヤレヤレ。
映画の話になると、いつもこうなる。

「お母さん、事件に巻き込まれて、アリバイ云々になったらどうするの?
『その時はあそこに居たんです、ホラ、アノ、ホレ、あそこ、
だから、アノ、ホラ、うちのマンションの、名前は出てこないんですけど、
アノ人に聞いてもらたらわかります』
なんていうてもアカンョ」

ハイ、なるべく事件にはあわないよう気をつけます。

パソコンで調べると(もちろん娘が)、
“控訴”の文字から話が飛んだ映画の題名は、“ダブル・ジョパディ”。
トミー・リー・ジョーンズは、コーヒーのコマーシャルに出ているそうな。
私はほとんどテレビを観ないから、知らなかった。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索