FC2ブログ

菜種梅雨と同級生

このところ、異様に暖かいので外気の高低だけでは、
今がどの季節なのか判じ難い。

ふと気が付けば、葉の花はもう盛りの頃。
この頃によく雨が降る。
寒くなったり、暖かくなったり…

今朝は寒かった。(※3/5)
昨日の暖かさに比べて何なのヨとボヤきながら、
昼頃外に出ると、妙に生暖かい。
室温の方が低く感じる季節に、すでになってきているのか。

「季節の変わり目 お体大切に」
と、秋と春には便りの最後に書く。
書き手が元気であればこその言葉だと、つくづく思うようになってきた。

木・金・土・日と教室が続き、今日は絵を描く予定であったが、
肩がこってりと粘土を塗られたように凝って、その上やたら眠たい。
これでは絵の制作はムリ。
こういう時はあっさり諦めて休養しよう。

外を見ると、雨が横なぐりに降ってきた。
これでは菜種梅雨なんて趣のある名前では呼べない。

そういえばニュースで、今日の天気は大荒れと言っていた。
鳴門大橋の上を走るバスは、横風を受けて大変だろうナァと思っていたら、
徳島へ出張している娘から電話があった。

高校時代のクラスメートが町長になっている。
彼女は表敬訪問を無事終えたらしい。
ここでも、お母さんそっくりやねェと言われたとのこと。

娘は子供の頃から徳島と縁が深く、気軽に行っている様子で、
自分でペンキを塗ったピンクの軽自動車で、
タッタカ走って行ったこともある。
いなかの空気が好きなのであろう。
そんな訳で、徳島のどこへ行っても歓迎してもらえる。

今回は隣町であったにもかかわらず、
友人は案内役兼“アッシー”も引き受けてくれた。
同級生とは何と心強い存在であることよ。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索