FC2ブログ

立秋から盆へ


2、3日前から朝と夜が驚くほど凌ぎやすくなった。
やはり立秋かと妙に感心する。

いやいやまだ台風も近づいていないのだから、
猛暑の厳しさを覚悟しておく方が身の為だ。

桃林堂の干支麩菓子、酉から始まったので
来年の申の絵で12枚揃い、これで終了となる。

盆休みにと予定していたので、昨日仕上げた。
12年間描いて、これが最後と思うと、
ちょっと淋しい気もする。

親子猿をとの依頼を受けた時、正月用のお菓子だから
今回も梅の花を入れようと考え、
子猿が木に登って一枝を折り、
母猿に渡している図が出来上がった。

私は今まででいちばん、気に入っている。
さて、どうだろうか。

盆休みは帰省する人も多いだろうが、
私のふるさとは阿波踊りの真っ只中にある。

ずっとずっと昔、ひどい渋滞で立往生して以来
この時期には絶対に行かない。
そうでなくても最近は行かない。

両親が亡くなると、故郷はグンと遠くなる。
それでも仏壇に手を合わせたり、ふとしたことで思い出す。
その機会が多くなるのが、盆である。

(玉麗)



にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。
水墨画・墨彩画の情報は → 玉麗オンライン(ホームページ)へ

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/2124-be19b4cf

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索