FC2ブログ

正統


故花田峰堂先生に
「絵はうまいけど、書は下手やナァ」
と言われつつもマジメに通って、
書道教室の看板だけは頂いた。

その竹翠会で、先輩たち綺羅星の中の1人だった
M先生から個展の案内状が届いたので、行って来た。

峰堂流正統を受け継ぐ方の書は、端正であった。
M先生らしく温厚で優しさあふれる言葉が並んでいた。

当時の仲間
(といっても竹翠会では末席だったので、
ほとんどの方が先輩だった)に会えるかと楽しみにしていたが、
竹翠会関係は、おおかたの人が初日の昨日、顔を見せたらしい。

受付の女性を、見知った人と間違えて挨拶してしまった。
いえ違いますと笑った顔が、当時のKさんそっくり。

でも、時はすでに25年以上も流れているのだ。
一瞬、浦島太郎子になったような、
何とも言い難い気分で会場を後にした。

あの頃、誰も、当人でさえ現在の私を
想像することは出来なかった。

“書” から “水墨画” に転向し、
山田玉雲先生(故人)の門下に入ってから、
やっと水を得た魚になって泳ぎ出した。

思えば “絵はうまい” と持ち上げてくれた
峰堂先生のおかげとも言える。

絵も書も、素晴らしく偉大な師にめぐり合った。
この幸運を、私のもとに集まって下さる玉麗会の方々に
お分けする義務があると思っている。

(玉麗)


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。
水墨画・墨彩画の情報は → 玉麗オンライン(ホームページ)へ

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/2121-c7891535

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索