FC2ブログ

暑いとキケン?

娘が問う。

「もし暴漢が教室に入ってきたら、私はどう対処したらいいんやろう」

なかなか難しい質問である。

男(だろう)が刃物でも持っていたら、
どうすればいいのだ。


“嵐の時はこうして下さい”
“地震などのマニュアルはこうです”

ぐらいは、各施設にある。
その訓練をする所もある。
しかし、悪漢が侵入してきた時の対策は、
何ら聞いていない。

あり得ることである。

こう暑いと、誰でもいいから殺してやる、
なんて物騒なことを考える輩もいるかもしれない。

下手に手出しすれば、殺傷の危険が伴う。
かといってそういう場合を、まるっきり想定しないのも
あまりにも無防備ではないか。

とにかく机とイスが教室にはある。
それを使って、防御の態勢を取る。

ギャーッとわめき散らして、相手の気をそぐ。


「ムチでしばくってどう?」

「いつもソレ持っとくの?生徒さん達こわがるよ」

「でも持っとかなイザという時使われへんやろ」

なんて、ずいぶん勇ましい会話ではある。
でも、一目散に逃げると言わない娘を評価している。

「護身術でも習っとこうかな」(娘)

頼もしいことです。

(玉麗)



にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/2112-d360cdb2

Comment

スマイル | URL | 2015.08.04 12:59
本当に何が起きるかわからない時代です
現に{誰でもよかった!}という犠牲にさらされる危険なことも。
私はこんな時大声を出す、といってはいるのですが、いざとなると声にならないようです。やはり備えの心づもりは要るようですね
雪 | URL | 2015.08.05 20:49
突然のことには、たぶん声も出ないんじゃないかと・・私も思います。
Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索