FC2ブログ

私と馬と

線路ぞいに歩いていると、
カンカン(なんという名前なんでしょうか、踏切?)のところに
馬がいます。

しかも、枕木の上に立って遠くを見ています。
どうもこどもの馬のようです。

そんなところに立って電車が来たらあぶない、と
思った私は急いで馬のそばへ駆け寄り、
馬をうながして線路の外へ出しました。

親を探しているのかもしれない。
馬の持ち主のところへ帰そうと思いました。

馬の横で並走し始めました。

シュッとした美形の馬です。
彼(彼女)は、私の気持ちが伝わるかのように、
そこを左、次は右、と言うと
曲がり角でスッと素直に進みます。


無事牧場主のところに到着しました。





・・・という夢をみました。

夢なので、なんで?どうやって?というところは
ムシしてください。

しかも、馬にのらず馬と一緒に走っている・・・

でも、けっこう高揚するものですね。
自分も足が速くなった気分。


今、コマクサ(駒草)の手本だからでしょうか。
久々にハッキリと覚えている夢をみて
楽しかったのでした。



(雪)


にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/2103-0602eafd

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索