FC2ブログ

力を合わせて

“よくぞこの広さのリビングを作っておいた!”
と今さらながらに自分を褒めている。

襖用に用意した紙は、1.5×2.1mもある。
これを1.3×1.9mに切断する作業もさることながら、
ちょっと動かすにも大きな空間が必要になる。

巾6m、2段になったクローゼットもおおいに役立つことになった。
まず、取っ手を全部はずしてのっぺらぼうにした。
天井まで使えば2.6mぐらいあると思うが、
下段2m余りに貼り付けた状態で描くことにした。

朝10時、風太はシャンプーに連れ出された。
夕方5時まで預かってもらえる。
準備万端で本日の制作スタート。

襖は1枚目と2枚目に渡って、雲が流れ、他の2枚にも浮かんでいる。
雲はボカシを入れるので、アシスタント登場。
サマンサのように魔法は駆使出来ないものの、体力は充分。
娘ゆえ、意思も瞬時に伝わる頼もしさ。

クローゼットに貼って描いていた絵は、慎重にはがされて床へ移動。
こうやって、ああやって、この色とその色で、
私の指示通りスムーズに事が進んでゆく。

ボカシにはマスキングをしなくてはならないので、
別の紙に雲の形や子供の姿を描き、切り取る。
娘はボカシの天才だ!

4枚分の雲のボカシ、無事終了。
後は私がひとりでせっせと制作を続け、又、最後に娘との共同作業があって、
天空の国の完成となる。

今、2枚描き終えたところ。
2/16終了。

娘がポソッとつぶやいた。
「ずっと残る絵に携わるって感動的やナァ」

ありがとう、そう思ってくれて。
母はその言葉に感動したのでした。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索