FC2ブログ

日本画家は長命?

堀文子展(兵庫県立美術館)へ行って来た。
80年の画業、膨大な数の展示物である。
ちょっと疲れて歯が浮いた。


私はいつも流し見?する。
気に入ったものだけもう一度見る。

たいていの場合、図録も買う。
しかし今回は数が多いからか、
写真が小さいのでやめた。
絵ハガキやその他、何も買わなかった。

気に入らなかった訳ではない。
好きなのは何枚かあったが
なぜかその絵の絵ハガキが作られていなかった。


同業の友人と2人で行ったのだが、
彼女の方はゆっくり観るため
私よりかれこれ30分も遅れて出口に現れた。

帰路、足が痛いという。
私の方は先に出てイスに座っていたので、
平気であった。


というより、
この頃やっと効果の程を感じている、
寝る前の室内15分歩き。
この差なのだと思う。

体力には全く自信がないが、
続けることでささやかな力が生まれる。
どれぐらい前から始めたのか、もう忘れた。
今ではベッドに入る前、
無意識に体が動くまでになっている。



ミジンコや花札まで描いている。
同じものは描かないそうだ。
興味が刻々と移っていくらしい。

画家は90歳をはるかに越えて、
今なお健在であった。


私が好ましく思ったのは、
右手を気の枝に掛け、立ってポーズをとる猫の絵。
わずかではあるが、
笑っているような口許と、体の模様が印象深い。

(玉麗)

にほんブログ村 美術ブログ 墨彩画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 水墨画へ
にほんブログ村


いつもありがとうございます。

Trackback

Trackback URL
http://gyokurei.blog14.fc2.com/tb.php/2006-b5aa26ae

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索