FC2ブログ

シャンパンゴールドの夢

一流ホテルには、世界の名品がズラッと店を構えている。
私などには到底手の出る金額ではない。

中には「店のスタッフにお声をかけて下さい」と
書かれたカードを置いてある店も。
つまり買えそうもないものには手を触れるナということであろう。

それでも、コンニチワとことわって見るだけなら、
何ら咎められることはない。
『ティファニーで朝食を』の気分で行けばよいのだ。

友人とホテルでお茶を飲み、ショップを散策した。
1店だけ、私でも手に入れることのできる金額の店がある。

「カラカラ」というタオル製品の店。
バッグや置物、エプロン、赤ちゃん用品など、いっぱいある。
色彩が豊かで、思わず手にしてしまう。
触らないで下さいとも言われない。

去年、ステゴザウルスのぬいぐるみを買った。
今日は冬色の小さなバッグを手に入れた。
シャンパンゴールドという色が流行しているそうで、
これもタオル地ながら光を反射して輝いて見える。
友人曰く、「金運のつきそうな色やねェ」

そうか、金運とはあまり御縁のない私であるが、
今年は初詣のおみくじも大吉だったし、
「ひょっとして宝くじでも当るかなナ」と言うと、
「アナタ、宝くじなんて買う人じゃなかったでしょ。買わな当らンわョ」
と笑われた。そうデスネ。

ステキな毛皮のストールをため息まじりに見ていると、
「つけるだけでも…」と試着させてくれた。
鏡の中にマダーム登場、スゴイナァ。
値段を見るとこれ又スゴイ!
ありがとう、リッチな気分にさせてくれて。

私ぐらいの年齢になると、お店のスタッフも、(ひょっとしたら)と
思ってくれるのだろうか。
年を重ねるのもそう悪いものではない。

そんな話を別の友人にすると、
「でもいつも相手にしてくれる訳じゃないでしょ」と言う。

ホテルショップの見て歩きは1年に1~2度。
そうなるとスタッフはたいてい同じ人はいない。
いつも「いかがですか」と言ってくれるのデス。
そのうち金運がつくそうですから、御期待下さいマセ。
プロフィール

玉麗

  • Author:玉麗
  • 大阪在住の水墨画家。
リンク
このブログをリンクに追加する
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
FCカウンター
オンライン
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索